PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
来訪者
ブログパーツUL5
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    第13回・通常総会の開催について(年1回開催)
    0

      第13期・通常総会

      平成30年(2018年)通常総会(年1回開催)の開催案内です。

      欠席の方はハガキで委任状の返答をお願します。
      日程:平成30年7月7日(土曜日)13:30〜
      場所:法輪寺(達磨寺、京都市上京区下立売通天神道西入行衛町457)

      総会議事次第:

        開会(理事長挨拶:清田政孝)

        議事審議

      ※総会終了後に茶話会(進行係:森下 孝子(予定))を行います。

      是非、こちらもご参加ください。
      posted by: 京都がん医療を考える会 | - | 09:00 | - | - | - |
      市民のためのがんセミナー「がんの早期診断と治療の夢」(主催:日本内科学会)
      0

        JUGEMテーマ:健康

        【日本内科学会主催の市民セミナー】の開催案内です。

        第115回日本内科学会総会・講演会 市民公開講座

        市民のためのがんセミナー「がんの早期診断と治療の夢」

        日時  2018年4月15日(日)10:30〜12:30
        会場 ロームシアター京都 メインホール
        会長 河野 修興(広島大学名誉教授・広島都市学園大学学長)
        参加費 無料
        開催概要 本公開講座は、日本人の2人に1人がかかると言われる「がん」について、市民の皆様に、定期的な検診による早期発見で治る病気という考え方や、検診の賢い受け方、治療についての最新情報等を各専門家よりご講演いただく予定となっております。
        またセッションの最後には「乳がん患者友の会きらら」の理事長でおります中川圭様のご講演と、京都大学名誉教授でおります三嶋理晃先生との特別対談も行われます。
        皆様のご参加をお待ちいたしております。
        http://www.naika.or.jp/meeting/115-info/seminar/
        posted by: 京都がん医療を考える会 | がん情報 | 12:41 | - | - | - |
        葉月プラナスの会 第51回勉強会”がん補完代替療法”
        0

          がんの補完代替療法

          〜騙されない見極め方と向き合い方を考える〜

             大野 智

            (大阪大学大学院 医学系研究科統合医療学寄付講座准教授)

           

          ■開催日時:2018年4月25日(水曜日)18 : 00〜19 : 30(予定)

          ■会場:京都府庁舎旧本館1階 

          ■参加費:無料(事前登録制)

          ■定員:30名(申込順 会場の都合上定員締切)

          ■参加登録:お名前、人数、連絡先をお知らせ下さい。

             「NPO法人京都がん医療を考える会」宛

                 メール mt_kiyota@yahoo.co.jp 

                  電話 090-1221-6779

                 ※座席に余裕があれば当日の受付も可能です。

            また参加者の個人情報は当会内のみで使用します。

          ■プログラム 司会 NPO法人京都がん医療を考える会(副理事長)織茂 聡

            17:00〜18:00 がん患者サロン「葉月プラナスの会」お話の会(自由参加)

            18:00〜19:30 葉月プラナスの会 第51回・勉強会(要・事前参加登録) 

            「がんの補完代替医療 〜騙されない見極め方と向き合い方を考える〜 」

                  講師:大野 智(大阪大学)

           

           日本では、新たにがんと診断される患者数が年間100万人を超えており、がん患者・サバイバーの合計は400万人以上と推定されています。がん医療においては現在科学的根拠のある最良の医療である標準治療(外科療法、化学療法、放射線療法が中心)と緩和ケア等を組み合わせた集学的治療が医療現場で行われています。
           また、がん患者・サバイバーの半数近く(44.6%注1)は、がんの補完代替医療注2を行っている現状があります。それは、自分自身で、家族や友人から、メディア等からの情報によるもので、その効果が判らない?、副作用の不安、高額な費用、医療者(特に医師)聞いて良いのか?、等、何もせずにはいられない不安の中にある場合も多いです。
           今回の勉強会では、
            1.がんの補完代替医療とは? 
            2.正確な情報の見極め方 〜エビデンスとランダム化比較試験〜

            3.補完代替医療との向き合い方
          について大野先生から解説いただきます。がん患者・家族、そして補完代替医療の問合せの答えに悩む医療者など含め、解り易く現状や問題点等を考えてみたいと思います。

           

          注1厚労省がん研究助成金「我が国における代替医療に関する研究(H21-23)」より

          注2補完代替療法とは、通常、がん治療の目的で行われている医療(手術や薬物療法〔抗がん剤治療〕、放射線治療など)を補ったり、その代わりに行う医療のことです。健康食品やサプリメントがよく注目されますが、鍼・灸、マッサージ療法、運動療法、心理療法と心身療法なども含まれます。(国立がん研究センターがん対策情報センター「がんになったら手にとるガイド」より抜粋

          「統合医療」情報発信サイト

           http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html

          「これって効きますか?(アピタル)」

           http://www.asahi.com/apital/healthguide/kiku/

          posted by: 京都がん医療を考える会 | - | 15:40 | - | - | - |
          【ミニコンサート】ヴィタ & 山田剛史 "再びだるま寺へ"
          0

            ヴィタリ & 山田剛史 "再びだるま寺へ"

            [バリトンとピアノの癒しのコンサート]

            プログラム

            ジョルダーノ: オペラ「アンドレア・シェニエ」より「祖国の敵」

            チャイコフスキー: 「 それは早春のことだった」

            チャイコフスキー: 「ただ憧れを知る者だけが」

            リムスキー=コルサコフ: 「高みから吹く風が」

            リムスキー=コルサコフ: 「八行詩」

            ピアノソロ ショパン: 「ノクターン 第2番 Op. 9-2」

            トスティ: 「理想の人」

            トスティ: 「可愛い口もと」

            大中寅二: 「椰子の実」

            平井康三郎: 「平城山」、「甲斐の峡」、「九十九里浜」

             

            日時:2018年3月13日(火)開演14:00(開場13:30)

            会場:法輪寺(通称 だるま寺)(Tel:075-841-7878)

               京都市上京区下立売通天神道行衛町457 円町駅下車〜5分

            料金:無料(事前に参加登録をしてください)

            予約:先着60名(森下まで早い目にご予約下さい)

            主催:ジョイフルアーツ滋賀(森下、Tel:080-9121-1539)

            後援:NPO法人京都がん医療を考える会、 法輪寺

             

             

            《ヴィタリ・ユシュマノフの紹介》

             1981年12月21日、ロシア・サンクトペテルブルク生まれ。大変な親日家。2015年より日本に拠点を置き、演奏活動。2015〜2916年、日本トスティ歌曲コンクール1位、日伊声楽コンコルソ1位、東京音楽コンクール2位受賞。2017年、「びわ湖オペラ」出演、「オペラ歌手紅白対抗歌合戦」でサントリーホールデビューを果たし、今、人気急上昇の本格派オペラ歌手。

             

            《コンサート実現に至るいきさつ》

            2017年4月に京都のある料亭の会場で歌うことを依頼されたヴィタリは伴奏用のピアノを探していました。丁度、だるま寺には「京都がん医療を考える会」所有の電子ピアノが保管されていましたので、これが使用されることになり、更に、会場に向かう前にだるま寺でリハーサルが行われることになりました。実は私は京都第二赤十字病院の院内がんサロンに10年近く関わっていて、そこで知り合った方々に、ヴィタリの優しい、心に届く声を身近に聞かせてあげたらと、夢のようなことを考えたことがありました。リハーサルが決まって、取り急ぎ連絡できた十数名の人たちに来ていただき、一緒に幸せな時間を過ごしました。夢がまさかの現実になったのです。ヴィタリも山田さんもだるま寺での雰囲気をとても喜んで下さり、関西に来るときには再びだるま寺で歌うことを約束して下さいました。2018年3月にお二人が滋賀に来られることになりました。13日は翌日にびわ湖ホールで、翌々日に東京、オペラシティでのリサイタルとハードなスケジュールの続く前の日、しかもノーギャラ!あまりに負担を掛け過ぎることを考慮して、一度はまたの機会にと伝えました。でもお二人はコンサートを快諾し、「楽しみにしている。」とまで言って下さいました。それが再びだるま寺でのコンサートが実現することになったいきさつです。がんサロン関係者の方でも、それ以外の方々でも、興味のある方は是非だるま寺にお越し下さい。                                 森下 孝子
             

            posted by: 京都がん医療を考える会 | - | 14:53 | - | - | - |
            【連続講座】「看取りと死別と支えあい」 (ケア集団ハートビート主催:長野県松本市)
            0

              JUGEMテーマ:健康

              ケア集団ハートビート主催 連続講座3 (松本市)
              看取りと死別と支えあい 〜地域で健やかに暮らし続けるために〜
              大切な人を看取ること。大切な人と死別すること。こうした体験は、 私たちに大きな困難をもたらします。それでも、住み慣れたこの地域 で健やかに暮らしつづけるには、どうすればよいのでしょうか。 ケア集団ハートビートは、地域の人びとによる支えあいが大切だと考 えます。2015年度から始まったこの連続講座(全3回)では、信州内外 で看取りや死別にかかわる活動や研究をしている方にお話をうかがい、 地域での支えあいについて考えます。
              ■場所
              東昌寺(松本市白板1-1-2)⇒第1回・3回
              松本市市民活動サポートセンター(松本市大手3-8-13)⇒第2回
              ※駐車場は近隣の市営駐車場などをご利用ください。
              ■費用 参加費1回 1,000円 (全3回参加で3,000円) 定員 30名
              ■参加申込 メールかファックスでお申込みください。
              〇疚勝↓⊇蚕蝓↓O⇒軅茵メールアドレス、電話番号など)、 をお知らせください。
              ※ 全3回出席された方には、終了証を発行します。
              申込・問合せ メール hbshinshu@gmail.com FAX/電話 0263-37-2369
              (信州大学山崎浩司研究室) ※なるべくメールかFAXでお願いします。
              ※当会、「ふらっと」の竹内香さんの講演があります。
              第3回 2018年2月17日(土)
              午後1時00分〜3時00分
              「大切な人と共に生きる〜再び会える時まで〜」
              竹内香さん (がん患者の家族と遺族のためのサロン「ふらっと」)
              posted by: 京都がん医療を考える会 | ひろば | 10:31 | - | - | - |
              葉月プラナスの会・勉強会(第50回)テーマ:アピアランスケア(外見ケア)
              0

                JUGEMテーマ:健康

                開催日時:2018年1月24日(水曜日)16 00〜17 : 30

                会    場:京都府庁舎旧本館1階 

                参 加 費:無料(事前登録制)

                定   員:10名(申込順 会場の都合上定員締切。座席に余裕があれば当日受付可)

                参加登録:お名前、人数、連絡先をお知らせ下さい。

                      NPO法人京都がん医療を考える会」宛

                           メール mt_kiyota@yahoo.co.jp 

                           電 話 090-1221-6779

                         (※参加者の個人情報は当会内のみで使用します)
                プログラム  司会 NPO法人京都がん医療を考える会  清田 政孝

                       講師:西久保  善美 氏 、川上 恵利子 氏

                 がん治療中・治療後の外見上の副作用に脱毛、シミ、爪の変形等があります。脱毛やシミなどは「タオル帽子」やお化粧等の対策があります。最近、介護や医療の現場で、高齢の女性にスキンケアやメイクを取り入れる「化粧療法」が広がっています。気持ちが明るくなるだけなく、手を動かすことで筋肉をアップし、鏡で自分の姿が変わっていく気持ちの変化、また外出する機会が増えるなど日常生活にはりが戻ります。

                  今回はメイクの専門家、西久保 善美さんを講師として毎日簡単にできる化粧法を実演して頂きます。美しく化粧して副作用を忘れて外出を楽しんで下さい。きっと明るい明日があなたを待っています。

                ご参加される方は手鏡とご使用されておられる化粧品をご持参ください。勿論、手ぶらでも結構です。

                posted by: 京都がん医療を考える会 | 活動 | 09:31 | - | - | - |
                【2018年・新年会開催案内】京都がん医療を考える会
                0

                  JUGEMテーマ:健康

                  毎年行っている新年会についてお伝えします。

                  ■2018年1月20日(土曜日)12時〜(受付は11半〜)

                  ■京すいしん(例年と同じお店です)

                  ■当会会員他,京都府のがん患者サロン参加者の方々、等(当会会員以外の参加希望者はお知らせください)

                  ■3000円を予定

                  ■会員には出欠のハガキを12月に送ります。早目にご返答お願します。

                   お問合せ先:理事長・清田政孝(きよたまさたか)

                   京都市右京区宇多野福王子町69-

                   mt_kiyota@yahoo.co.jp

                   090-1221-6779

                   

                  posted by: 京都がん医療を考える会 | 活動 | 18:14 | - | - | - |
                  【開催案内】がん患者の家族と遺族のためのサロン「ふらっと」
                  0

                    11月の「ふらっと」は、22日(水)に開催します。

                    いつもの13時〜に加え、18時〜今年最後の「よばなし」もあります。

                    「ふらっと」は、日頃がん患者さんを支えているご家族や、支援者の方々、

                    がん患者さんを支えてきたご遺族の皆さんの分かち合いの場です。

                    どうぞふらっと、お立ち寄りください。

                    11月の開催は
                    11月22日(水)
                     昼の部: 13時〜15時「ふらっと」
                     夜の部: 18時〜20時「ふらっと・よばなし」
                     場所:京都府庁旧本館1階会議室
                     参加費:300円
                     お申込は不要です。

                    つづいての開催は、

                    2017年12月27日(水)
                    2018年1月24日(水)
                    いずれも13時〜15時、すべて京都府庁旧本館1階会議室です。

                    JUGEMテーマ:健康

                    🍁 写真は先日の「ふらっとトーク&ギャラリー」会場での一枚。

                    紅葉のアレンジは「ふらっと」立ち上げの時から共に歩んできているスタッフOさんの"作品"です。

                    (「ふらっと」代表/竹内 香)

                    posted by: 京都がん医療を考える会 | 活動 | 17:58 | - | - | - |
                    葉月プラナスの会・勉強会(第49回)
                    0

                      JUGEMテーマ:健康

                       

                      開催日時:2017年10月25日(水曜日)18 : 00〜19 : 30

                      会    場:京都府庁舎旧本館1階 

                      参 加 費:無料(事前登録制)

                      定   員:30名(申込順 会場の都合上定員締切。座席に余裕があれば当日受付可)

                      参加登録:お名前、人数、連絡先をお知らせ下さい。

                            NPO法人京都がん医療を考える会」宛

                                 メール mt_kiyota@yahoo.co.jp 

                                 電 話 090-1221-6779

                               (※参加者の個人情報は当会内のみで使用します)


                      プログラム  司会 NPO法人京都がん医療を考える会(副理事長)織茂 聡

                      17:00〜18:00 がん患者サロン「葉月プラナスの会」お話の会(自由参加)

                      18:00〜19:30 葉月プラナスの会 第49回・勉強会(要・事前参加登録) 

                      「乳房専用PET装置“Elmammo”の開発について 」

                      講師:北村 圭司(株式会社島津製作所 基盤技術研究所)

                       

                      日本では乳がんと診断され治療を開始する患者の数は増加の一途をたどっています。
                      国立がん研究センターの資料から、1年間で新たに乳がんと診断される患者数は9万人程度で女性のがんでは罹患数トップ、女性が生涯において乳がんになる可能性は11人に1人と増加しています。
                      現在、乳がん検診にはマンモグラフィーが多く使われており、乳がんによる死亡率を減少させる科学的根拠が示されていますが、より小さながんを見つけたいという課題、検診時の乳房を押さえ挟みつけるときの痛みの問題、また高濃度乳房の女性は診断しにくいという問題もあります。
                      今回の勉強会では、PET(Positron Emission Tomography:陽電子放出断層撮影)の解り易い説明から始め、産学官連携で世界初の技術を使って開発された「乳がん診断専用のPET装置「Elmammo(エルマンモ)」について、島津製作所基盤技術研究所の北村さんから解説をして頂きます。がん医療向上に向けて、患者が求める医療機器開発について、患者・家族の立場からも考えてみたいと思います。

                      (ご参考)島津製作所 プレスリリース 2017年8月21日
                      http://www.shimadzu.co.jp/news/press/n00kbc000000deo7.html
                        乳房専用PET装置「Elmammo」の研究・開発で「産学官連携功労者表彰

                        厚生労働大臣賞」を受賞

                       

                       

                       

                       

                       

                      posted by: 京都がん医療を考える会 | 活動 | 09:35 | - | - | - |
                      第13回京都府民公開講座(シリーズ:がんと生きる) 「京都のがん医療向上を目指して」(再掲載)
                      0

                        JUGEMテーマ:健康

                        がん医療は目覚ましい進歩をつづけ、3大療法(外科的療法・化学(薬物)療法・放射線療法)に緩和ケア等加えた集学的チーム医療による患者中心の医療が目指されています。
                        13回京都府民公開講座では、「京都のがん医療向上を目指して」をテーマとし、行政(京都府)、医療者(医師・看護師)、がん患者さんからの講演を行います。
                        基調講演は昨年3月に京大を退官され京都医療センター院長に就任された小西郁生先生から婦人科がんについて解り易く解説して頂きます。また余命1年と告知されながら平成29430NHKの人気番組「ルソンの壺」で紹介された地元京都にある大東寝具工業蠅硫馗后大東和子氏の奮闘ぶりを紹介します。

                        ■開催日時:2017年(平成29年)10月7日(土)13:30〜16:00

                        ■会   場:メルパルク京都6階(京都駅烏丸口徒歩3分)

                        ■参 加 費:無料

                        ■対  象:京都府民、がん患者・ご家族、等 ※他府県の方も参加可能です。

                        ■定   員:80名(登録順 座席に余裕があれば当日の受付も可)

                        ■参加登録:お名前、人数、連絡先をお知らせ下さい。

                                「NPO法人京都がん医療を考える会」宛

                                メール:kyotogan@yahoo.co.jp   電話:090-1221-6779

                         

                        ■プログラム 座長:NPO法人京都がん医療を考える会 副理事長 織茂 聡

                         

                        講演1 「京都府のがん対策について」

                                  京都府健康福祉部健康対策課がん担当対策課長 田中 美奈子

                         

                        基調講演「女性がんと今後について」

                                  国立病院機構 京都医療センター院長/京都大学名誉教授 小西 郁生

                         

                                休憩  〜ギター演奏〜   “岸本 千代”

                         

                        講演2 がん患者の報告「がんを征服して」

                                  大東寝具工業        取締役会長/ 寝具研究家 大東和子

                         

                        講演3 アドバンス・ケア・プランニング

                               〜自分らしく生きるためのの心づもり〜

                                   京都桂病院 がん看護専門看護師 森井 淳子

                         

                        (主 催)特定非営利活動法人京都がん医療を考える会

                        (後援)京都府、京都市、京都新聞社、KBS京都

                        (協力)中外Oncology学術振興会議

                        posted by: 京都がん医療を考える会 | 活動 | 08:53 | - | - | - |